デスクトップパソコンについて

デスクトップパソコンについて

デスクトップパソコンとは、主に机の上に備え置いて使用する用途で作られており、移動して使うことを前提とはしていないパーソナルコンピュータの事です。パーソナルコンピュータの筐体は黎明期より机の上へ据え置くスタイルが主流であったが、ノートパソコンの前身であるラップトップパソコンが普及を始めた1980年代中ごろから、その対語として用いられるようになったそうです。 

初期には横型の筐体のものをデスクトップ、縦型の筐体のものをタワーと呼んでおり、横型の場合はその上にCRTディスプレイをのせて使用していたようです。その後机の上におけるもので一体型でないものは全てデスクトップパソコンと呼ぶようになりました。現在では一体型のものも含め据え置きで使うことを前提としたパソコン全てをデスクトップパソコンと呼ぶようになっています。パーソナルコンピュータはこのデスクトップパソコンが主流であったが、2001年頃より省スペース性に優れるノートパソコンが主流となってきているのです。

ノートパソコンとは違い、通常ディスプレイやキーボードは本体と一体ではないのが特徴。デスクトップ型では物により程度の差はあっても、以下のような特長があります。

  • 筐体内に物理的なスペースの余裕があるため、拡張性に優れており、。PCIバス製品などの安価な拡張製品も多数販売されています。

  • 高パフォーマンスの構成部品を使用する事ができる。

  • 電力供給も、コンセントから比較的大型の電源装置を使い安定供給できるなど、低コストで安定した高いパフォーマンスを得ることが可能である。

近年では主に企業内への大量導入を想定し、拡張性をある程度犠牲にして小型化したデスクトップパソコンも多く市販されています。日本では大手メーカー製のデスクトップパソコンはこの省スペース型がほとんどといわれてます。ノートパソコンの部品を使用し、拡張性を犠牲にして小型化した小型デスクトップパソコンも人気を集めています。

キーボードが分離されているため、ノートパソコンと違い、キーボード上からの発熱が少なく、長時間作業を行いやすいという利点や、筐体の制約によりキーボードの面積が小さくなって、操作性が低下するという事もないのです。

ディスプレイも通常は分離されているため、キーボードその他の部品が比較的容易、安価に行えると言うメリットがあります。

Favorite

最終更新日:2018/3/5

Copyright c 2008 pc beginner info. All Rights Reserved.